神戸健康気功協会【気になる学校】神戸 元町校・舞子校|健康気功でメタボ対策!ダイエット!!
メルマガ登録お問い合せTOP
 
 
  【健康気功・教室案内】  
 
    
    
 
 

【元町教室】神戸もとまち整骨院|アドバンスコース(水曜20:30〜) ※生徒募集中
 
<指導内容>
アドバンスコースでは、站椿功(たんとうこう)・日本の気功・動功 等を指導します。手足・体幹のひねりを加えて鍛えます。下半身を強化し、地面からの力を足下から指先へと導いていきます。無理なカラダの緊張をなくし、カラダ全体が協調して動くように練習します。

<講師> 神戸健康気功協会主幹 玉城秀樹 堀田さわ子 中村仁美
<時間> 水曜 20:30〜21:30(月4回) 
<場所> 神戸もとまち整骨院
     ・ 住所:〒650-0022神戸市中央区元町通2-9-1元町プラザ5F
     ・地図:詳細…コチラ
     ・神戸もとまち整骨院HP : http://www.kobemotomachi.jp/
<料金> 入会金 5,000円 + 消費税
     上級 1ヶ月 8,000円 + 消費税
     ・5回チケット 15,000円 ・体験2,000円 + 消費税(入会・体験随時)
<問い合わせ先>
     ・電話:050−3343−7357 
     ・Email:mail@kininaru-school.jp
 
 

 
 
 
    
 

【元町教室】神戸もとまち整骨院|入門・初級(火曜13:30〜・土曜18:00〜) ※生徒募集中
 
<指導内容>  
ベーシックコースでは、準備気功・スワイショウ・仏教気功(ぶっきょうきこう)・立禅(りつぜん)をします。カラダを大きく動かして、各関節を柔らかくします。動きから呼吸を導いていきます。背骨・骨盤矯正はもちろん、内臓機能強化、代謝アップになります。ダイエット・メタボ対策・美容健康に興味がおありの方、女性からご年配の方へお勧めの講座です。
 
<講師> 神戸健康気功協会主幹 玉城秀樹 堀田さわ子 中村仁美
<時間> 火曜 13:30〜14:30 土曜 18:00〜19:00 (月4回) 
<場所> 神戸もとまち整骨院
     ・ 住所:〒650-0022神戸市中央区元町通2-9-1元町プラザ5F
     ・地図:詳細…コチラ
     ・神戸もとまち整骨院HP:http://www.kobemotomachi.jp/
<料金> 入会金 5,000円 + 消費税
     ・初級 1ヶ月 6,000円 + 消費税
     ・5回チケット 10,000円 ・体験1,500円 + 消費税(入会・体験随時)
<問い合わせ先>
     ・電話:050−3343−7357 
     ・Email:mail@kininaru-school.jp
 
 

 
 
 
 
     
 
 

【神戸三宮】フェリシモしあわせの学校春夏オープンクラス (4月・5月)
【神戸三宮】フェリシモしあわせの学校秋冬オープンクラス (9月・10月)
暮らしの気功講座「カラダが代わる〜全身呼吸でパワーUP!〜入門」
 

 
<指導内容>
中国伝統武術の気功をエッセンスとしてつくられた神戸健康気功は、わかりやすい気功です。基本は「捻って伸ばす」の繰り返し。自然 に呼吸法が身につき、内側から体を燃やして、心身ともにパワーUPします!ダイエットや骨盤調整にも最適な気功養生法です。講座では気功の他にリズムにのって楽しくカラダを動かす香功(古い仏教気功)もご紹介します。運動不足・肩こり・ストレス解消!集中力もUPするので脳の活 性化にもつながります。お子さまとのペア参加も大歓迎です。
  

 
<講師> 神戸健康気功協会主幹 玉城秀樹
 
<場所> フェリシモ本社 21F ミーティングルーム 
     ・住所:神戸市中央区浪花町59番地
     ・フェリシモHP :  http://www.felissimo.co.jp/ 
 
<問い合わせ先>
     ・電話:050−3343−7357 
     ・Email:mail@kininaru-school.jp
 
 

 
 
 
 

神戸健康気功「講習会」出張講座 受付中!
 

 
神戸健康気功協会では、神戸市及び阪神間の企業さま・店舗さま・小学校・中学校・高校・大学・教育施設、介護老人ホームなどを対象に、神戸健康気功の「出張講習会」の依頼を随時受け付けています。メタボ対策・健康維持・運動能力・精神力・集中力アップに神戸健康気功を取り入れませんか? 横浜のとある高校では気功を授業に取り入れる事で生徒さんの集中力が増し、学内成績アップに繋がったニュースがありました。
神戸健康気功は、古い気功の形を残した中国伝統武術の養生法をエッセンスに、ストレス社会の現代人のためにつくられました。体育館や講堂や会議室といった広い空間を利用した気功から、オフィスや教室の椅子に座ったままでも出来る気功もあります。目的や場所にあわせて、講習内容をセットアップしております。
講習内容等について詳しくお知りになりたい方は、当協会までお気軽にご連絡下さい。
 
【神戸健康気功の効用・指導ポイント】
 ● メタボ予防、ダイエット、健康維持
 ● 姿勢矯正(背骨・骨盤矯正)
 ● 肩こり・腰痛
 ● 体力増進・抗ストレス
 ● 運動能力アップ
 ● 脳の活性化、集中力
 ● 美容(顔気功)

出張講習をご希望の場合は、下記内容をメールにて神戸健康気功協会までご連絡ください。
できればご希望日の2週間前までにお願いいたします。

 ・希望日時(可能なら第3希望まで)
 ・講習場所
 ・参加予定人数
 ・希望講習内容
 ・希望予算
 ・連絡先(メールアドレス、電話番号、ご担当者氏名)
 
<問い合わせ先>
  ・電話:050−3343−7357 
  ・Email:mail@kininaru-school.jp
 
 

 


 
  「第一回:パワースポット(奈良)探訪・冬の遠足」  神戸もとまち整骨院・神戸健康気功協会主催  
 
 
 

「パワースポット奈良探訪」特別企画です。
内容は、志賀直哉ゆかりの江戸三(えどさん)でのお食事と、春日大社での正式参拝です。
今回のご案内は『あかい奈良』(http://www.akai-nara.net/)の編集長倉橋みどりさん。フェリシモ主催の東日本震災応援チャリティ講座(2011年4月24日)(http://shiawase.felissimo.co.jp/html/charity4/index.cfm)でご一緒した講師のお一人です。チャリティ講座で倉橋さんは、「歴史から元気とヒントをもらおう!〜蘇りを繰りかえしてきた奈良の歴史ものがたり」と題されてお話しされました。そのとき、倉橋さんのゆったりとして優しいお声にわたしたちは魅了されました。そして倉橋さんのテーマ「歴史に学ぶことの大切さ、そして幾多の天災を乗り越えてきた奈良の神社に学ぶもの・・・」をもっと知りたいと思いました。奈良への憧れがつのり、あつかましくも神戸健康気功協会限定の特別講座をお願いしたところ、倉橋さんは快くお受け下さり、今回の夢のような遠足が実現しました。
 
<日時>
2012年1月26日(日) 11:00〜17:00
今回の参加者は、玉城秀樹主幹、神戸健康気功元町教室の生徒さん7名でした。


神戸から阪神なんば線で奈良へ一直線で行けるようになり、便利になりました。霧につつまれた生駒山を超えると奈良に入ります。平城京が目の前にパノラマのように広がります。霧が晴れてきました。期待がふくらみます。 


近鉄奈良駅の噴水前に集合。今日は『あかい奈良』(http://www.akai-nara.net/)編集長の倉橋みどりさんの案内です。フェリシモ(http://www.felissimo.co.jp/)の東日本震災応援チャリティ講座でご一緒した講師のお一人。縁あってわたしたちの奈良遠足の案内をお願いできることになりました。奈良を知り尽くした倉橋さん。地図をいただいて今日の予定を伺います。
 

猿沢の池をすぎ、春日大社一の鳥居へと向かいます。この後ろ姿を見たある生徒さん「自分の背中が堂々としているとびっくりした」といっておられました。気功の成果ですね。みなさん背筋もピン!歩き方も颯爽!特に玉城先生はさすがに足がスッと前に出て滑るように歩かれます。 
 


春日大社一の鳥居・・・を入らずに、その横の小道を入って公園の中にある料理旅館「江戸三」(えどさん)へ向かいます。まずはお料理で煩悩を充たします。お祓いはそれから・・・!?。
 

江戸三(えどさん)は明治四十年創業です。志賀直哉縁の料理旅館です。由緒ある料亭でお昼をいただけることになりました。すでに夢のようです。
 

お部屋はそれぞれ独立した離れが点在しています。個室ならぬ一軒家でお料理をいただきます。昔は建物毎に違ったドラや鈴を鳴らして帳場に合図をしたそうです。旅館ですから、宿泊して朝起きると鹿が窓辺に訪れている、ということもあるそうです。文人たちが訪れた雰囲気にしばし酔いました。
 

「まほろば懐石」をいただきました。食前酒は珍しい抹茶のお酒でした。奈良らしいですね。敷き紙には万葉集編者とされる大伴家持の「新しき 年の初めの 初春の 今日降る雪の いやしけ吉事(よごと)」がしるされていました。降る雪のようによいことが積もっていきますように、という願いのこめられた歌です。吉祥を願うすばらしい旅の始まりです。
 

お刺身は鯛の昆布締めの中に数の子が巻いてありました。
 

小さなお鍋は大和牛。くつくつとあったまります。
 

最後はご飯とお吸い物、香の物。奈良の話、気功の話などで2時間があっという間でした。あこがれの江戸三にみなさん大満足でした。静かな落ち着いた空間。とその時、倉橋さんの携帯が鳴りました!春日大社の宝物殿の学芸員の方からでした。すでにお待ちだと言うことで、急いで支度をして春日大社へ向かいました。
 

今回は正式参拝です。一之鳥居から参道を歩きます。駐車場が二之鳥居のあたりにあるので、多くの参拝客はそこから入って本殿へ向かうことが多いそうです。近道なのですが、実は参道をはじめから歩いてこなければ、十分身を清めることにはならないのだそうです。学芸員の秋田真吾主事に「みなさんは橋を八つ渡ってこられたのですが、気づかれましたか?」と質問され、全員絶句。参道には途中小さな川が八つあるのだそうです。石で覆ってあるので「橋」とは気づかずにその上を歩いてしまうのですが、その橋を一つ一つ渡ることで少しずつ身が清められていくのだそうです。知らずにワイワイおしゃべりしながら歩いてきてしまいました。ので、残念ながら橋の写真はありません・・・。それから、写真のように堂々と参道の真ん中を歩いてきましたが、本来参道の中央は神様が通られる道なので、端を歩くものなのだそうです。全員反省です。
 

参道も二之鳥居をくぐると、大きな鹿の彫像が待ち構えています。春日大社の手水です。ここで手と口をすすぎます。手と口は最も罪や過ちを犯しやすいところだからです。確かに、長い参道をこうして歩いてくると気持ちも静かに、身も清められたような気がしました。手水の横には小さな神社があります。祓戸神社(はらえどじんじゃ)です。ここにお参りして、参拝前の御祓が無事終了です。本殿に向かうために、このような行程があるとは知りませんでした。正式参拝とおっしゃった意味がわかりました。
 

春日大社を案内くださったのは、学芸員の秋田真吾主事です。本殿へ向かう途中では灯籠のお話を伺いました。境内には約2000の灯籠があります。昔は毎日灯明していたのだそうです。いい話を伺いました。この灯籠の数を全部数えることができればお金持ちになれるそうです。またこの写真の「春日大明神」と彫られた灯籠は五つしかありません。それをすべて見つけることができれば、やはりお金持ちになれるのだそうです。でも条件があります。夜に一人で数えないとだめだそうです。ちょっと勇気がいりますね。
 

南門前でお話しくださる学芸員の秋田伸吾主事。本殿は三笠山の中腹にあります。原生林を境内に持つ唯一の神社です。この南門の前の足下には幅50センチほどの石があります。「磐座(いわくら)」です。神様が現れた「出現石」なので、うっかり踏んではいけないとご注意を受けました。
 

境内の中に入ります。コマーシャルでも有名な春日大社の回廊。こちらを向いておられるのが学芸員の秋田伸吾主事と『あかい奈良』の倉橋みどり編集長です。お二人とも本当に楽しそうに奈良や春日大社についてお話してくださいました。その笑顔だけでも癒されます。灯籠は年二回(節分とお盆)灯明されます。すべてかつては金箔を施されていたそうです。今でもよく見ると金箔が少し残っているのがわかります。神殿の前へとすすみ、わたしたちは全員正式参拝(神官による御祓い)させていただきました。その瞬間、不思議なことに太陽が顔をだし、神殿がまぶしい光に満ちました。
 

わたしたちの参拝のあとで、神様の夕餉のお祀りの準備が始まりました。春日大社には四神が祀られています。藤原氏の守護神タケミカヅチとフツヌシノカミ、祖神のアメノコヤネノミコトとヒメガミです。神官が大きなお膳を4つ運んでいきました。春日大社は年間1000に及ぶお祀り事を執り行っているそうです。世界平和、万民の幸福、共存共栄を祈祷くださいます。藤原家の氏神は春日大社、氏寺は興福寺で、お正月には興福寺の貫首が神前で読経されるそうです。春日大社は神社ですが、興福寺とも仲良くなさっているのですね。こうした共存するありようがとても奈良らしいです。
 

境内の神木です。古代から日本人は、大きな木や石には神がやどるとしてきました。いわゆるパワースポットです。昨年は「パワスポ」流行で春日大社にも取材や問い合わせがたくさんあったと秋田主事。でも「わざわざパワースポットといわなくても、(気の流れる場所であるのは)当たり前なのですが・・・」と苦笑されていました。春日大社は三笠山の中腹にあり、背後に春日山原始林があります。原始林といっても天平の時代から人々が大切に守り育て、神社を建てお祀りしたところです。ですから、春日大社の原始林はただ唯一、世界自然遺産ではなく世界文化遺産としてユネスコに登録されているそうです。秋田伸吾主事の解説に熱がこもります。他にも境内には多くの木が植えられています。世界中の珍しい樹木を集め植えたのだそうです。境内にはリンゴの木もあるときいてびっくりしました。
 

春日大社は自然の営みを大切にします。建物を建てるために木を切ることはありません。この大きな木を守って、建物の屋根には穴が開けられました。
 

参拝後巫女さんから御神酒をいただきました。
 

本殿の外には有名な藤棚があります。砂ずりの藤といわれ一メートルをこす見事な藤の花が咲きます。また同じ時期には山の木々にも山藤が咲きほこり、5月の春日大社はかぐわしい香りと藤色で染まるそうです。想像するだけでうっとりします。ここでおみくじもひきました。大吉二人!そして凶をひいたのは玉城主幹でした。藤棚の回りに作られたみくじ掛におみくじを結びました。
 

春日大社の貴賓館に案内していただきました。天皇皇后が参拝なさった折にご休憩なさった建物(この部屋ではないですが)です。暖房を入れてくださっていて、あたたかく、心身ともほっこりしました。秋田主事の行き届いたお心遣いに感動の連続です。
 

このお部屋からは重森三玲作の「三方正面七五三磐境の庭(さんぽうしょうめんしちごさんいわさかのにわ)(昭和9年)を見渡すことができます。名前の通り、庭を囲む三方の部屋のどこからでも観賞でき、七五三縄にちなんで7,5,3個の石組みが見えるように配置されています。それぞれの石組は春日大社をあらわすようになっているそうです。こうした説明も、秋田主事の解説があってこそできることです。普通は一般公開されていないお庭です。それをゆっくりお部屋から観賞できたのも幸運でした。
 

迎賓館では巫女さんがおいしいお茶と干菓子を出してくださいました。春日大社の参拝の記念にといただいた封筒には暦とともに「飴」が入っていました。これは倉橋みどりさんにも「初めて」のおみやげだったそうです。
 

春日大社からいただいた飴ちゃん。飴は天平の頃から心身を養うとして重宝されてきたのだそうです。この鹿の子飴は春日大社独自のものです。
 

大きなお車寄せのある貴賓館をあとにしました。振り返ると、秋田主事はこの玄関からずっとわたしたちを見送ってくださっていました。最後まで行き届いたお心遣いでした。すばらしい出会いに感謝感激です。
 

貴賓館でお茶をいただきましたが、やっぱりこれは外せません。春日大社神苑正面横にある春日荷茶屋(かすがにないじゃや)でお善哉です。古代米でしょうか、こんがりと焼いた紫のお餅がはいっていました。みなさんのうれしそうな笑顔・・・はご想像ください!
 

夕暮れが近づきます。奈良駅へと向かって興福寺を抜けます。途中で南円堂にお参り。今日一日の感謝をこめます。南円堂の横には小さな不動堂があります。倉橋さんから、一つだけお願いすると叶うと言われていると説明を聞き、みなさんこちらもお参りです。
 

北円堂。南円堂と同じ八角形をしています。なぜ八角形?とつぶやくと、昔は八が一番円に近いとされていたからですよ、とすかさず倉橋さん。八は完全な円と同義なのですね。八卦掌の「八」も完全に近いということでしょうか。
 

近鉄奈良駅前噴水に戻ってきました。
とっておきの奈良!楽しい一日があっという間でした。奈良を知り尽くした倉橋さんと春日大社の秋田主事の導きで、充実した時間を過ごしました。ただ観光客として訪れたというだけでなく、お二人のお話を伺いながら、世界が広がっていくような体験をしました。神代の時代へ、そして春日大社の参道が西へ、シルクロードへと世界につながるように、今ここにいるわたしたちも歴史と世界とにつながっています。しずかでやさしい奈良を見せていただいたお二人に感謝です。
 
奈良は時間の流れが違います。空が広いです。パワースポットと呼ぶのが奇妙に聞こえるほど、奈良は町全体がパワースポットでした。神様も仏様も奈良に住む人々の日常生活の中に生きている。それを肌で感じることのできた清々しい一日でした。 「わたしの思っていた奈良と違う・・・なぜ?」という素朴な独り言も聞こえてきました。教科書で誰もが知っている(と思っている)奈良なのに、ほんとうは何も知らなかった・・・と痛感しました。そして今回、何よりよい導き手(師)に恵まれたことが幸せでした。
 
春日大社でのお参りがよき一年の始まりとなりました。今回の旅のはじまりは江戸三で目にした新年を言祝ぐ歌「新しき 年の初めの 初春の 今日降る雪の いやしけ吉事(よごと)」でした。この歌にこめられた思いのように、今年いい事がたくさんありますように。吉祥をもたらす「パワースポット奈良」への旅。次回のパワースポット巡り遠足は春?もうすでに期待がふくらんでいます。
 
 
 

 


 
 
 
 

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

「神戸健康気功」は健康維持・体力増進・運動機能アップを目指す方へ【神戸健康気功協会】が提案する気功です。神戸健康気功は歩くことで経絡(けいらく)を刺激する気功。ダイエット効果メタボ対策・免疫力・自然治癒力強化に効果が期待。肩こり・ストレス・冷え性・不眠症・花粉症の方へもお勧め健康気功です。